お急ぎの方は TEL.086-245-1181


お役立ちコラム


見落としがち!?家庭の医療費の節約術!
環境・経済・社会に好循環をもたらす「ESG投資」とは?
おうち時間を彩る”音声コンテンツ”
「SDGs」私たちが今日からできることは?

掲載日時 2021/07/12

 最近耳にするようになってきた「SDGs(エスディージーズ)」という言葉。

Sustainable Development Goals = 持続可能な開発目標

地球環境を守り、貧困や差別のない社会を作り、共存しながら持続的に経済成長をし、

世界中全ての人が豊かに暮らせる未来を作ることを目指した国際目標です。

「飢餓をゼロに」「ジェンダー平等実現」「人や国の不平等をなくそう」など、

17項目の目標があり、2030年までに達成を目指しています!


 たしかに身近でも「サステナブル」という言葉はよく見たり聞いたりしますよね!

「ジェンダー」をテーマにした作品も多くなってきたように感じます。

これらのことを身近に感じながらも、実践するとなると何をどうしたらいいのかわかりません。


 こうした大きな目標に対して、一人ひとりができることの一つが「選んで買う」こと。

購入活動は、企業や国を大きく動す力となりうるものです☆

まずは日常生活でよく購入する日用品や食料品から見直してみませんか?


 *コーヒーコーヒーの生産現場は社会問題が深刻化しています。

       環境保護や生産者支援などを行う非営利団体や第三者機関の「認証マーク」が付いたコーヒーがおすすめ。

       「バードフレンドリー」「レインフォレスト・アライアンス」「有機JASマーク」など。

 *チョコレート日本に輸入されるカカオの約7割がガーナ産。

         ガーナでは貧困により5人に1人の子どもが児童労働をしており、

         教育を受けられていないというのが現状です。

         →児童労働を禁止している「国際フェアトレード認証」

 *紙製品紙の原料を調達するために、原生林を切り開き植林され、人工林となってしまったケースは少なくありません。

      →自然の生態系を守るために、適切に管理された森林資源で作られたことを証明する「FSC認証」

 *石けん類食物油の代表「パーム油」はアブラヤシの実から抽出されます。

       農園を作るために熱帯森林が伐採され、気候変化に深刻な影響を与えています。

       →持続可能なパーム油を示す「RSPO認証」


 このように、様々な機関が努力していることを知りました!

他にも、輸入品より国産製品を、できれば地元で生産されたものを選ぶことでCO2の削減に繋がります。

売上の一部が寄付される製品を選ぶこともおすすめです☆

まずは今日のお買い物から、’’SDGs’への貢献 ’’ を見つけてみてください^^