お急ぎの方は TEL.086-245-1181


お役立ちコラム


Go To Travel キャンペーン!!!
情報を見極める
改正 道路交通法施行!
梅雨の安全運転
新型コロナと熱中症予防
「コロナ疲れ」を予防しましょう!

掲載日時 2020/05/13

「コロナ疲れ」を予防しましょう!

 みなさん、こんにちは。

外出自粛が続くなか、不安やイライラ、ストレスが溜まっている方も多いのではないでしょうか。

今回は外出自粛による「コロナうつ」「コロナ疲れ」を防ぐ予防のポイントをご紹介いたします!


◎一日の時間割を決める

 食事をする時刻・ストレッチをする時刻・家事をする時刻など、

 毎日できるだけ同じ時間に行い習慣化することが大切です。

 特に「寝る時刻」「起きる時刻」は毎日同じになるように努めましょう!

◎朝日を浴びる

 毎朝朝日を浴びることは体内時計を健全に維持するうえで重要です!

 朝起きたら窓を開けて朝日を数分間浴びることを日課にしましょう。

 きっと気持ちの良い一日が始められると思います^^

◎昼間は少なくとも2時間は窓際で過ごす

 外出ができない日は最低2時間窓際で過ごし、日の光を感じることを意識しましょう。

◎リモートでの人との交流を楽しむ

 人との交流はメンタルヘルスを保つうえで有効です。

 電話・テレビ電話・SNSなど、身近な方法で交流を楽しみましょう♪

◎昼寝はできるだけしない

 昼寝は睡眠リズムが乱れて体内時計に影響を与えます。

 どうしても昼寝がしたいときは30分以内にしましょう。

◎夜に明るい光を浴びない

 夜は部屋の照明の明るさを抑えたり、照明の数を減らしたりして、

 部屋を明るくしすぎないようにしましょう。

 テレビやスマートフォンは寝る前にできるだけ見ないよう心がけましょう。

  

 生活習慣を整えると体内時計の乱れを防ぎ、「コロナうつ」「コロナ疲れ」の予防に繋がります!

心と体の健康を守るために、ぜひ意識してみてください。

  

<参考>

日本うつ病学会:新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の世界的大流行化における、こころの健康維持のコツ

        「先の見えない中であっても、日常の生活リズムには気をつけよう」

(山下)

新型コロナウィルス流行中